中国人民元:約2週間ぶり大幅高-胡主席訪米前に元高容認との観測

中国人民元は11日、約2週間ぶ りの大幅上昇となった。胡錦濤国家主席の来週の訪米を前に、中国人 民銀行(中央銀行)が元相場の上昇を容認するとの観測が広がった。

人民銀はこの日、元の中心レートをドルに対して前日比0.2%元 高水準の1ドル=6.6216元に設定した。これは、昨年11月11日以 来の大幅な引き上げ幅。前日のドル指数の下落率は0.18%だった。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上 海時間午前10時21分(日本時間同11時21分)現在、前日比

0.26%高の1ドル=6.6202元と、昨年12月30日以来の大幅高。

1年物のノンデリバラブル・フォワード(NDF)は前日比

0.03%高の1ドル=6.4608元。人民元が今後1年で2.5%上昇する との予想を織り込んでいる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE