アメリカ・モビル:傘下の固定電話会社、メキシコでの上場廃止へ

中南米最大の携帯電話サービス会 社、メキシコのアメリカ・モビルは傘下の固定電話会社、テルメック ス・インテルナシオナルの上場廃止で株主の承認を得た。アメリカ・ モビルは携帯・固定電話回線の統合を目指している。

電子メールでの資料によれば、テルメックス・インテルナシオナ ルは10日の株主投票でメキシコ証券取引所での上場廃止を決めた。ア メリカ・モビルによる買収以降、米国とスペインでは昨年、上場が廃 止されている。

資産家カルロス・スリム氏が経営権を持つアメリカ・モビルは、 中南米全域での電話やネット利用、映像のダウンロードといったデー タ配信で、インターネットによる光ファイバーケーブルの単一ネット ワークを活用し、関連の投資の節減を目指している。

テルメックス・インテルナシオナルは、2008年6月のテレフォノ ス・デ・メヒコ(テルメックス)からのスピンオフ(分離・独立)後、 メキシコ証取にほぼ3年間上場。ブルームバーグがまとめたデータに よると、当時テルメックス・インテルナシオナル株を購入した投資家 のリターンは配当と再投資を含めて35%と、同期間のメキシコの主要 株価指数、ボルサ指数の上昇率(25%)を上回っている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE