イラク副首相:ナシリヤ油田の開発契約は入札で、年内実施を言明

イラクのフセイン・アル・シャハリ スタニ副首相は、バグダッドを訪問した大畠章宏経済産業相との会談の なかで、同国南部ナシリヤ油田の入札を年内に実施すること言明した。

同国政府はこれまで、個別に企業と交渉する随意契約に基づいたナ シリヤ油田の開発を計画していたが、入札方式に転換した。会談後に経 産省が発表した文書によると、シャハリスタニ氏は国際入札を行うとの 立場を明らかにするとともに、日本企業の積極的な参入を促した。

日量52万バレル規模の生産が見込まれるナシリヤ油田を巡っては、 旧・新日本石油(現・JX日鉱日石開発)、国際石油開発帝石、日揮の 企業連合は開発契約の獲得を目指し交渉を進めていたが中断していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE