米ジェンワース株、決算前にベアスプレッド戦略を推奨-JPモルガン

米銀JPモルガン・チェースは、 生命保険や住宅ローン保証を手掛ける米ジェンワース・ファイナンシ ャルが来月予定する決算発表前に、同社株のベアプットスプレッド戦 略(高い行使価格のプットを買い、低い行使価格のプットを売る投資 戦略)を勧めた。モーゲージ保証事業で一段の赤字が見込まれるため としている。

JPモルガンの株式デリバティブ(金融派生商品)ストラテジス ト、アミン・バルワニ、マーコ・コラノビック両氏は、行使価格14 ドルの2月限プットオプション(売る権利)の購入と、行使価格11 ドルの同限月のプットオプション売却を勧めている。ジェンワースは 来月1日に決算発表を、2日に投資家向け説明会を開く。

両氏は今月10日付リポートでモーゲージ保証事業について、「同 部門は2011年を通じて赤字継続が見込まれる」と指摘。同社アナリス トのジミー・ブラー氏を引用し、「経営陣は11年見通しで戦略・資本 管理に関わる大規模な行動について発表する公算は小さい。そのため 2月2日に予定された同社の投資家向け会合がプラス要因になるとは みていない」と説明した。

この戦略では、同社株が約13.30ドルを下回ると利益が生じ、11 ドルを下回ると最大の利益が得られるという。同社株の10日終値は前 週末比1.7%安の13.88ドル。

ジェンワース株は09年末比で22%上昇。同期間にS&P500種株 価指数は14%高となっている。ブルームバーグが調査対象とするアナ リスト16人のうち、同社株の投資判断を「買い」としているのは5人、 「ホールド」は10人、「売り」は1人となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE