米南部に吹雪、アトランタで欠航相次ぐ-寒気がNYなど東部に移動か

米ニューヨーク市と周辺地域は吹 雪で6インチ(約15センチメートル)から12インチの降雪に見舞わ れる可能性がある。この吹雪の影響でアトランタでは航空機の運航が まひし、当局は南部全域の住民に戸外に出ないように注意を呼び掛け ている。

アトランタでは9日夜に6インチの降雪があり、デルタ航空とエ アトラン・ホールディングズは世界で最も利用客の多いアトランタ国 際空港を発着する便の大半を欠航にした。

民間航空機に気象センサーを設置するエアーダット(ノースカロ ライナ州)の気象予報士、アラン・ハフマン氏によると、もう1つの 低気圧も加わり寒気は11日までに豪雪を伴って東海岸に移動すると みられ、交通機関に影響が出る恐れがある。

エアーダットの気象予報士、メレディス・クローク氏は「東海岸 へ向かう便や同地域からの便は向こう2日か3日間、運航が困難にな ると予想している。アトランタは積雪への対応に慣れていないため混 乱状態だ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE