英国のクリスマス商戦:小売既存店売上高は0.3%減、降雪で-BRC

英小売業の昨年12月の既存店売 上高は減少した。降雪に加えて、気温が12月としては少なくとも過 去100年間で最低となったことから、客足が鈍った。

英国小売協会(BRC)が11日発表した12月の既存店売上高は 前年同月比0.3%減少と、11月の同0.7%増からマイナスに転じた。

BRCのスティーブン・ロバートソン会長は発表資料で、「異例に 早い冬の到来で、厳しいクリスマス商戦は一段と振るわなかった」と 指摘。「歳出削減の影響やより広範な経済に対する懸念の高まりで、昨 年の夏以降、売上高の伸びは弱くなっている。12月も同様にさえない 動きが見込まれていたが、降雪と厳しい寒さが多くの小売店に一段の 打撃を与えた」と説明した。

今回の統計は昨年10-12月(第4四半期)に英国の景気回復が 鈍化した可能性を示したものとなるほか、今月からの付加価値税(V AT)税率引き上げを控えた消費者の駆け込み需要による押し上げ効 果があまりなかったことを示唆している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE