10年のヘッジファンド成績、MSCI世界指数上回る-ユーリカヘッジ

ヘッジファンドの2010年の運用リ ターンは10.9%となり、MSCI世界指数を上回った。シンガポール を本拠地とする調査会社ユーリカヘッジが発表した。米景気回復見通 しを支えに北米のファンドを中心に好成績を挙げた。

ユーリカヘッジが電子メールで配布したリポートによると、世界 の2600本余りのヘッジファンドを対象にしたユーリカヘッジ・ヘッジ ファンド指数は、昨年12月に3%上昇し、6カ月連続でプラスを記録 した。昨年はヘッジファンド業界に約700億ドル(約5兆8100億円) の資金が流入。運用金額の合計が08年9月以来初めて1兆6500億ド ルを超えた。

ヘッジファンドの運用成績は、世界的な信用危機のさなかにあっ た08年に過去最悪となったものの、20%のリターンを記録した09年 に続き、10年も回復基調を維持した。1663社で構成されるMSCI世 界指数の昨年の上昇率は9.6%だった。

地域別では、北米のヘッジファンドの昨年の運用リターンが

13.6%。アジアでは日本のファンドが6.8%と、日経平均株価(マイ ナス3%)を上回り、年間ベースで5年ぶりの好成績を記録した。日 本を除くアジアは10.4%。東欧・ロシアは17.4%、新興国市場は10.4% だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE