1月10日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商 品相場は次の通り。

◎外国為替:ユーロが上昇-周辺国の入札控え

ニューヨーク外国為替市場では、ユーロが対ドルでほぼ4カ月ぶり の安値から上昇。先週の市場で週間ベースでの下げが8月以降で最大と なったことで、この下落基調は続かないとの観測が広がった。ポルトガ ルやスペイン、イタリアは今週、国債入札を実施する。

ドルは主要通貨に対し6営業日ぶりに下落。世界的に株価が下げ を縮めたほか商品相場が上昇したことで、安全通貨としてのドルの需 要が後退した。ノルウェー・クローネとスウェーデン・クローナは、 経済指標で景気拡大が示されたことから上昇した。

みずほフィナンシャルグループのシニア為替トレーダー、柳原秀 敏氏(ニューヨーク在勤)は、市場ではドルなどの主要通貨に対しユ ーロを大きくショート(売り持ち)にしているようだと分析。国債入 札を控え、ショートカバー(買い戻し)が入っていると述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで0.3%上げて 1ユーロ=1.2951ドル(前週末は1.2907ドル)。一時0.3%安 の1.2867ドルと、9月14日以来の安値を付ける場面もあった。ユ ーロは対円では0.2%下げて107円12銭(前週末107円32銭)。 一時106円83銭と、同じく9月14日以来の安値を付けた。円の対 ドル相場は0.5%上昇の1ドル=82円71銭。前週末は83円15銭。

ユーロのドルに対する相対力指数(RSI、期間7日)は先週、

24.423と、昨年11月末以来の低水準となった。同指数が30を下 回ると、上昇に転じる可能性を示唆する。ユーロは先週3.6%安と、 4%下げた8月13日終了週以降で最大の値下がりとなった。

国債発行

欧州債市場では、ポルトガル10年債が上昇。利回りは0.12ポ イント下げて6.96%となった。欧州中央銀行(ECB)はこの日、ポ ルトガル国債を購入した。取引について知るトレーダー3人が明らかに した。ポルトガルは12日に2014年償還と20年償還の債券の入札を 実施する。スペインとイタリアは翌13日に国債入札を予定している。

バンク・オブ・ノバスコシアの為替ストラテジスト、カミラ・サ ットン氏(トロント在勤)は、「重要な焦点は、欧州での今後の展開 および資金ニーズがどの程度になるかということだ」と指摘した。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)の ドル指数は前週末比0.2%下落の80.874(前週末は81.012)。一 時は81.313と、昨年12月1日以来の高水準を付ける場面もあった。

ドルの見通し

ドル指数は先週2.5%上昇と、昨年8月以来で最大の上げとなっ た。サービス業の景況感改善や雇用増加が示されたことが手掛かり。

ウェルズ・ファーゴの主任ストラテジスト、ニック・ベネンブロ ーク氏は、ドルが今後1年間でユーロに対し5%、円に対しては11% 値上がりすると予想している。同氏は、昨年12月31日までの6四半 期の為替相場を最も正確に予想した。

商品19銘柄で構成するロイター・ジェフリーズCRB指数は

0.9%上昇の326.85。S&P500種株価指数は0.1%安。一時は

0.7%安まで下げる場面があった。

スウェーデン・クローナは主要通貨の中で対ドルでの上昇率トッ プ。同国の11月の鉱工業生産指数は前月比1.1%上昇した。クロー ナは0.9%高の1ドル=6.8780ドル。

ノルウェー・クローネは0.3%高の5.9749クローネ。同国の 12月の消費者物価指数(CPI)は前年比2.8%上昇と、11月の

1.9%上昇からペースが加速した。

◎米国株:下落、引け前戻すもプラス浮上できず

米株式相場は3営業日続落。欧州の信用危機が悪化するとの懸念か ら、ダウ工業株30種平均は一時100ドル下落。引けにかけて下げの 大半を埋めたものの、プラスには戻せなかった。

化学大手デュポンと電力会社のデューク・エナジーがいずれも下 落。両社が発表した買収合意の規模は、合わせて200億ドルを超え る。ストレイヤー・エデュケーションを中心に、営利教育機関の株が 安い。同社は入学者数の落ち込みを理由に、アナリスト予想を下回る 利益見通しを示した。一方、アップルは高い。ベライゾン・ワイヤレ スによる「iPhone(アイフォーン)」投入で、販売が拡大する とのアナリスト予想が好感された。

S&P500種株価指数は前週末比0.1%安の1269.75。一時 は0.7%下げる場面もあった。欧州のソブリン債保証コストが過去 最高に上昇したことが背景。ダウ工業株30種平均は37.31ドル (0.3%)下落の11637.45ドル。

レイモンド・ジェームズ・アソシエーツのチーフ投資ストラテジ スト、ジェフリー・ソー氏は「株式相場はただ上げ下げを繰り返して いる」と指摘。「欧州では今週、国債入札が実施される。これまでは 強気な見方が広がり過ぎていたため、上昇一服または下落も仕方がな いかもしれない。一方、米景気が好調なことから、決算が上振れする だろうという事実も無視できない」と述べた。

S&P500種は、2009年3月の安値から88%上昇。政府の景 気刺激策や企業が予想を上回る決算を発表したことが背景にある。同 株価指数は前週まで週間では、昨年4月以来の最長となる6週連続高 を記録。経済指標がエコノミスト予想よりも好調だったことで、米景 気に対する信頼感が改善した。

欧州の国債入札

ポルトガルとスペイン、イタリアは今週、国債入札の実施を予定 している。欧州債相場は先週、下落した。欧州中央銀行(ECB) がポルトガル国債を購入したと、同取引に詳しいトレーダー3人が 明らかにした。同トレーダーのうちの2人が匿名で語ったところによ ると、ECBはアイルランド国債も買い入れた。トレーダーの1人に よれば、ECBはギリシャ国債を購入した。ECBの広報担当者はコ メントを控えた。

リッジワース・キャピタル・マネジメントのファンドマネジャー、 ドン・ワーデル氏は、「欧州で実施されなくてはならない緊縮政策が 域内経済を著しく減速させるというのが最大の懸念だ」と指摘。「ま た、現在の株価水準も考慮する必要がある。株式相場は安値水準から ほぼ2倍以上に値上がりしている。上昇一服の可能性がある」と述べ た。

アルコア

アルコアはダウ30種平均の先陣を切ってこの日の引け後に昨年 10-12月(第4四半期)決算を発表。一部項目を除いた継続事業ベ ースの1株利益は21セント。ブルームバーグがまとめたアナリスト 15人の予想平均は19セントだった。アルコアは通常取引終了後の 時間外取引で0.2%安。

デュポンは1.5%安。同社はダニスコを58億ドルで買収す ることで合意。ダニスコをめぐる買収合戦でライバル社に勝利した。

デューク・エナジーは1.2%安。同社はプログレス・エナジ ーを137億ドルで買収することで合意したと発表した。プログレス 買収に伴い、デュークはサザンを抜いて米最大の電力会社となる。両 社の発表によると、プログレス株主は保有株1株当たりデューク株

2.6125株を受け取る。プログレスは1.6%安。

S&P500種では営利目的の教育株の下げが目立った。ストレ イヤー・エデュケーションは23%安。同社は冬期の新規入学者数が 前年同期比20%減少するとし、11年通期の利益は1株当たり

8.80-9ドルになるとの見通しを示した。ブルームバーグがまとめ たアナリストの予想平均は1株当たり利益が11.01ドルだった。営 利目的の教育機関13銘柄で構成するブルームバーグの指数は11% 安。

テクノロジー株指数は0.1%高と、S&P500種の業種別10 指数で値上がり率トップ。アップルは1.9%上昇。ベライゾン・ワ イヤレスによる今週の「iPhone(アイフォーン)」投入で、携 帯電話業界の構図が変わると、アナリストの間ではみられている。ア ップルの販売拡大につながり、グーグルやリサーチ・イン・モーショ ンとの顧客争奪になるとの見方が理由。

◎米国債:10年債が3日続伸、欧州の債務懸念で

米国債市場は10年債が3日続伸。同利回りの3日連続低下は昨年 11月以来で初めて。ポルトガル救済をめぐる懸念や、同国やスペイン、 イタリアが今週、国債入札を予定していることが材料だった。

この日は、ポルトガル国債の保証コストが過去最高を記録したの を背景に、米2年債利回りは一時、ほぼ5週ぶりの低水準に下げた。 米国債利回りは先週末から低下が続いている。米連邦準備制度理事会 (FRB)のバーナンキ議長は7日、失業率の低下はゆっくりしたペ ースになるとの見方を示した。また、12月の米雇用統計では、雇用者 の増加幅が市場予想を下回った。FRBの国債購入計画に基づき、ニ ューヨーク連銀はこの日、償還期限2018年2月から2020年8月ま での米国債77億9000万ドルを購入した。

RBCキャピタル・マーケッツの米国債トレーディング責任者、 トーマス・トゥッチ氏は、「欧州からの影響が波及している」と述べ、 「バーナンキ議長の7日の発言を受けて、FRBは金融緩和の解除を まったく急いでいないとの認識が短期債市場で広がった。期間の短い 国債が比較的堅調なのはそのためだ」と続けた。

BGキャンター・マーケット・データによると、ニューヨーク時 間午後3時57分現在、10年債利回りは前営業日比4ベーシスポイン ト(bp、1bp=0.01%)低下の3.29%。同年債(表面利率

2.625%、2020年11月)価格は9/32上げて94 14/32。

2年債利回りは、2bp低下の0.57%。昨年12月8日以来の低 水準。

ポルトガル懸念

モーガン・キーガンの債券資本市場部門プレジデント、ケビン・ ギディス氏は顧客向けリポートで、市場参加者はポルトガルが入札を 実施しても期待ほど買い手がつかない可能性があるとの「懸念を強め ている」と指摘。「ユーロ圏経済の苦境が再び注目されている」と続 けた。

ドイツ誌シュピーゲルは8日、情報源を明らかにせず、ドイツと フランスが危機封じ込めを狙い、ポルトガルに救済基金を申請するよ う圧力をかけると報じた。これを受けて独財務省は9日、圧力はかけ ていないと否定した。

ポルトガル10年債のドイツ債に対する上乗せ利回りは今月7日 に4.33ポイントに拡大。これは昨年11月以来の最大だった。

また、ポルトガル国債のクレジット・デフォルト・スワップ(C DS)スプレッドは14bp上昇し過去最高の552bp。

欧州中央銀行(ECB)は10日、ポルトガル国債を購入した。 取引について知るトレーダー3人が明らかにした。

ロックハート総裁

米アトランタ連銀のロックハート総裁は米経済について、2011 年に改善はするものの、なお「向かい風」が吹くことになろうとの見 通しを示した。

同総裁は、経済成長の抑制要因として、企業や消費者の間に広が る不透明感や住宅・信用市場の低迷を挙げた。総裁は米連邦準備制度 による6000億ドルの国債購入について、リスクに対する保険として 価値ある政策との考えを示しており、今回そうした見方を強調した格 好だ。

米財務省は今週、660億ドルの国債入札を実施する。内訳は11 日に3年債(320億ドル)、12日が10年債(210億ドル)、13日 は30年債(130億ドル)となっている。

◎金先物:反発、欧州の債務懸念が再燃-逃避需要が復活

ニューヨーク金先物相場は反発。週間ベースで、昨年7月以来最 大の下げとなっていた先週の流れが変わった。ポルトガルとスペイン の国債入札を控え、欧州の債務危機が長期化するとの懸念が再燃した。

欧州のソブリン債をデフォルト(債務不履行)から保証するコス トはこの日、過去最高に跳ね上がった。ポルトガルは12日、スペイ ンはその翌日に国債を入札する。昨年はギリシャとアイルランドの救 済でユーロが対ドルで6.5%下げたのを背景に、金は30%値上がり した。

インテグレーテッド・ブローカレッジ・サービシズ(シカゴ)の ヘッドディーラー、フランク・マギー氏は、「ふと見渡すと、欧州に 関する心配の種はまだそこにある」と語る。「また救済ということに なれば、欧州通貨から金属へ資金流出が起きるだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 2月限は前営業日比5.20ドル(0.4%)高の1オンス=1374.10 ドルで終了した。先週は3.7%下げていた。

◎原油先物:反発、アラスカのパイプライン停止で生産大幅減

ニューヨーク原油先物相場は反発。トランス・アラスカ・パイプ ライン・システムを運営する英BPなどは、漏出により送油が停止さ れたパイプラインについて、復旧のめどが立っていないことを明らか にした。同システムは米原油生産の15%を輸送する。

8日の送油停止により、ノーススロープ地域からの生産は95% が操業停止に追い込まれている。米エネルギー省によると、原油在庫 は昨年12月31日までの5週間に6.8%減少し、3億3530万バレ ル。

エネルギー関連の商品に重点を置くヘッジファンド、アゲイン・ キャピタル(ニューヨーク)のパートナー、ジョン・キルダフ氏は、 「米国の原油在庫が過去数週間に大幅に減少した矢先だけに、アラス カのパイプラインはかなりの注目を集めている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物2月限は前日 比1.22ドル(1.39%)高の1バレル=89.25ドルで終了。過去 1年では7.9%上げている。

◎欧州株:下落、債務危機の拡大を懸念-エスプリト銀が安い

欧州株式相場は下落。企業買収の活発化が好感されたものの、域 内の債務危機が拡大する可能性があるとの懸念に打ち消された。

ポルトガルが救済要請を余議なくされるとの報道を背景に、同国 のエスプリト・サント銀行が5.9%下げた。

一方、デンマークの食材会社、ダニスコは24%の大幅高。米デ ュポンがダニスコを58億ドルで買収することで合意したことが手掛 かり。英医療機器メーカーのスミス・アンド・ネフューは9.5%高。 同社がジョンソン・エンド・ジョンソンからの70億ポンドの買収案 を拒んだとの英スカイニューズ報道が好感された。

ストックス欧州600指数は前週末比0.9%安の278.48と、 先月30日以降で最大の値下がり。前週は1.9%上げていた。

ドイツ銀行(ロンドン)の世界戦略責任者、ジム・リード氏は電 子メールで、「救済が相次がない場合、2011年はリスク資産にとっ て極めて悪い年となるとみている」と述べ、「周辺国の国債入札をめ ぐる懸念とポルトガルの悪材料で圧力が高まった」と語った。

10日の西欧市場では、デンマークを除く17カ国で主要株価指 数が低下した。ポルトガルのPSI-20指数は1.6%安と、昨年8 月以来の安値を付けた。

◎欧州債:ベルギー債が下落-ポルトガル債はECB購入で反発

欧州債市場ではベルギーとスペインの国債相場が下落した。資金 調達の困難に伴い救済を要請するユーロ加盟国が増加するとの懸念が 広がった。

一方、ポルトガル国債相場は反発。トレーダーらによると、欧州 中央銀行(ECB)がこの日、同国債を購入した。これより前、ポル トガル国債の保証コストは過去最高を記録。ドイツ誌シュピーゲルが 8日、ドイツとフランスが危機封じ込めを狙い、ポルトガルに救済基 金を申請するよう圧力をかけると報じたことが響いた。

政治空白が続くベルギーでは国債相場が下落。国王アルベール2 世が暫定政府に予算案の取りまとめを要請した。ポルトガルやスペイ ン、イタリアなどの周辺国は今週、国債入札を実施する。

ラボバンク・インターナショナル(ロンドン)のシニア債券スト ラテジスト、リチャード・マクガイアー氏は、「債務危機が広がって いるとの懸念を背景に、周辺国債のスプレッド(利回り格差)が拡大 している」と述べ、「今週の市場は数多くの国債入札を吸収しなくて はならない。ポルトガルが持続可能な金利で資金を調達できるかが最 大の関心事だ。不調な場合、支援が必要との見方が強まるだろう」と 続けた。

ロンドン時間午後4時現在、ベルギー10年債利回りは前週末比 9ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の4.22%。ポ ルトガル10年債利回りは26bp低下し7.13%。一時は7.45%ま で上昇した。

スペイン5年債利回りは7bp上昇の4.97%。ドイツ10年債 利回りは2.87%と、前週末からほぼ変わらず。

CMAによれば、ポルトガルとアイルランドを中心に欧州の国債 保証コストが軒並み記録的水準に上昇した。ポルトガル国債のクレジ ット・デフォルト・スワップ(CDS)スプレッドは11bp上昇し 過去最高の549bp、アイルランド国債のスプレッドは26.5bp上 げ過去最高の682bpを付けた。ベルギー国債も7bp上昇し255 bpと、最高を記録した。西欧諸国の国債15銘柄のCDSスプレッ ドで構成するマークイットiTraxx・SovX西欧指数は15b p上げ223bpと最高を更新した。

◎英国債:2年債が下落-キャメロン首相のインフレ発言で

英国債市場では、2年債相場と5年債相場が下落。消費者物価の 上昇でイングランド銀行(英中央銀行)が市場予想よりも早く利上げ を余儀なくされるとの見方が浮上した。

キャメロン首相は9日、最近のインフレ水準は「懸念材料だ」と の認識を示した。エコノミストの間では、英中銀が13日の政策決定 会合で債券購入プログラムの規模を維持し、政策金利を据え置くとみ られている。

モニュメント・セキュリティーズの債券アナリスト、マーク・オ ストワルド氏(ロンドン在勤)は、「インフレを問題視する前日のキ ャメロン首相の発言に幾らか反応があったのは明らかだ」と述べ、 「利上げが以前予測されていたよりも早い時期に実施されるリスクが わずかに高まったことを相場は示している」と続けた。

ロンドン時間午後4時22分現在、2年債利回りは前週末比5ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し1.25%。5年債 利回りは4bp上昇の2.35%。10年債利回りは3.51%と、前週 末からほぼ変わらず。

英インフレ率は昨年11月に3.3%と、前月の3.2%から加速 し、9カ月連続で政府目標上限の3%を上回った。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 森 茂生 Shigeki Mori +1-212-617-6107 smori1@bloomberg.net ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae, Shigeru Chiba 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE