台湾半導体メーカー2社:エルピーダとの経営統合交渉の報道は観測

台湾の半導体メーカー、プロモス・ テクノロジーズ(茂徳科技)とパワーチップ・セミコンダクター(力 晶半導体)は、両社がエルピーダ・メモリーと経営統合する方向で交 渉に入ったとの一部報道は憶測との見解を示した。台湾証券取引所に 10日提出した文書で明らかにした。

8日付の読売新聞によれば、エルピーダの坂本幸雄社長は、持ち 株会社の傘下に入ることでプロモスとパワーチップ両社とおおむね合 意した。パワーチップは提出文でエルピーダとの合併に関していかな る交渉もしていないと説明。プロモスは報道について「まったくの観 測記事だ」と指摘した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Tim Culpan in Taipei at +886-2-77191541 or tculpan1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Janet Ong at +886-2-7719-1542 or jong3@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE