ゴールドマンのトレーダー、退社してヘッジファンド設立へ-関係者

米ゴールドマン・サック ス・グループのトレーダーらが、ヘッジファンドの設立を準 備していると、事情に詳しい関係者が明らかにした。金融機 関が投機的な取引で自社の資本をリスクにさらすことを制限 する新規制に対応し、同社を離れてファンド設立を目指す。

関係者が匿名を条件に述べたところによると、ゴールド マンのロンドンのプリンシパル・ストラテジーズ・デスクに 所属するアリエル・ロスキス氏とダニエル・ベナトフ氏は今 年4-6月(第2四半期)にファンドを立ち上げる計画。両 氏は北欧のヘッジファンドとして最大のブルマー・アンド・ パートナーズから3億ドル(約250億円)の投資を確保した という。

ゴールドマンが米金融規制改革法(ドッド・フランク法) の順守を進める中で、同社からトレーダーが流出している。 昨年10月には米投資会社KKR内で株式に投資する部門を 立ち上げるため9人がゴールドマンを去った。プリンシパ ル・ストラテジーズ・グループの責任者だったピエールアン リ・フラマン氏も昨年、自身のヘッジファンドを設立するた め退社した。

ロスキス、ベナトフ両氏のコメントは得られていない。 ゴールドマンのロンドンの広報担当者はコメントを控えた。

-Editors: Edward Evans , James Amott.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamahiro 記事に関する記者への問い合わせ先: Jesse Westbrook in London at +44-20-7392-0426 or jwestbrook1@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Christian Baumgaertel at +1-617-210-4624 or cbaumgaertel@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE