グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は反落。中国当局がインフレ抑制で一段の措置を取 るとの懸念から売られ、指標のハンセン指数は約2週間で最大の下げ となった。

中国本土の電力会社、華潤電力(チャイナ・リソーシズ・パワ ー・ホールディングス、836 HK)が2.4%安。中国銀行(香港) (2388 HK)は3.2%下げた。香港の不動産会社、ハンルン・プロ パティーズ(恒隆地産、101 HK)は2.3%下落。

一方、中国最初の民間銀行である中国民生銀行(1988 HK)は

2.1%上昇。上海で私募による増資を実施し約215億元(約2700億 円)を調達する計画が好感された。

ハンセン指数は前週末比159.37ポイント(0.7%)安の

23527.26で終了。45銘柄中39銘柄が下落。上昇は6銘柄だった。 前週までは3週連続で週ベースの上昇だった。ハンセン中国企業株 (H株)指数は前週末比0.9%下落し12806.59。

HSBCグローバル・アセット・マネジメントのマクロ・投資戦 略担当の世界責任者、フィリップ・プール氏(ロンドン在勤)は、 「インフレはアジアの新興市場で引き続き懸念材料だ」と指摘した。 中国社会科学院(CASS)の研究員、劉煜輝氏は10日の中国証券 報に掲載した論説で、今年1-6月(上期)の中国インフレ率が高止 まりするようならば、中国人民銀行(中央銀行)は0.5ポイントの 一連の利上げを検討するべきだとの見解を示した。

中国最大の保険会社、中国人寿保険(2628 HK)は1.7%安。 中国の銀行大手、中国工商銀行(1398 HK)は1%下落した。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。2週間ぶりの大幅な下落となった。銀行の 株式発行に伴う希薄化や政府がインフレ抑制のため一層の金融引き 締めを行うことへの懸念が響いた。

中国工商銀行(601398 CH)と中国銀行(601988 CH)が銀行 株の下落を主導し、それぞれ前週末比1.4%安と1.2%安。中国民生 銀行(600016 CH)が株式発行により215億元規模の資金を調達す る計画を明らかにしたことが背景。

中国農業銀行(601288 CH)も下げた。金融引き締めが原材料 の需要を抑えるとの懸念から、資源株が下落。銅生産会社、江西銅業 (600362 CH)は2.5%安、チャルコ(中国アルミ、601600 CH) は2.5%安。不動産開発会社も下落し、保利房地産集団(600048 CH)は3.0%安。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動 する上海総合指数の終値は前週末比46.99ポイント(1.7%)安の

2791.81。上海、深セン両証取のA株に連動するCSI300指数は 同1.9%安。

【インド株式市況】

インド株式相場は5営業日続落し、指標のセンセックス30種株 価指数はここ8カ月で最長の下げとなった。インド準備銀行(RBI、 中央銀行)が物価上昇に対応し今月の政策決定会合で利上げを決める との観測が背景にある。

インド3位の銀行、HDFC銀行は1年半余りで最大の値下がり。 アルミ生産で国内最大手のヒンダルコ・インダストリーズは4.8%安。 前営業日の7日には7.2%下げていた。

インド首相の経済諮問委員会のランガラジャン委員長は7日の インタビューで、根強いインフレへの対応として今月の利上げが必要 な可能性があるとの見解を示した。ブルームバーグがエコノミスト 29人を対象に実施した調査によると、14日発表の政府統計では昨年 12月のインフレ率が約1年ぶり低水準から上昇したと見込まれる。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前週末比467.69ポ イント(2.4%)安の19224.12で終了。3日以降の下落率は

6.5%となった。HDFC銀(HDFCB IN)は5.2%安の2152.25 ルピー。ヒンダルコ(HNDL IN)の終値は222.10ルピー。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前週末比7.3ポイント(0.2%)高の

4712.3。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前週末比5.39ポイント(0.3%)安の

2080.81。

【台湾株式市況】

加権指数は前週末比35.16ポイント(0.4%)高の8817.88。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前週末比32.08ポイント(1%)安の3229.27。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前週末比8.69ポ イント(0.6%)安の1563.52。

【タイ株式市況】

SET指数は前週末比18.42ポイント(1.8%)安の1018.03。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前週末比152.90ポイント(4.2%)安 の3478.55。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前週末比89.94ポイント(2.1%)安の

4112.58。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE