FRB副議長:資産購入計画で300万人の民間雇用を追加創出へ

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエ レン副議長は、2段階にわたるFRBによる資産購入プログラムにつ いて、2012年にかけて新たに約300万人分の民間雇用創出に貢献する だろうとの見方を明らかにした。

同副議長は8日、デンバー市内で講演し、米連邦公開市場委員会 (FOMC)で昨年11月に6000億ドルの米国債購入プログラム第2 弾の開始を決定したことに触れ、「異例に深刻なリセッション(景気後 退)からの回復を支えるのが狙いだ」と指摘。「それは、最大限の雇用 と物価安定の実現に向けて効果があると信じる」と強調した。

同副議長はまた、国債購入がインフレを加速させるとの懸念を否 定し、労働需要の低迷が「こうしたリスクの軽減」に役立つだろうと 述べ、FRBは「必要な時には政策を引き締める」ことが可能である と強調した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE