エルピーダ:台湾半導体2社と経営統合で詰めの交渉-読売

資本提携を検討していたDRAM世 界3位のエルピーダメモリと、台湾の世界6、7位の半導体メーカー が経営統合する方向で詰めの交渉に入ったと読売新聞が8日付夕刊で、 報じた。今月中にも台湾当局の承認と現地金融機関の支援を取り付け て決着を図る構えとしている。

読売新聞は、関係筋によるとエルピーダの坂本幸雄社長が6、7 日に訪台し、台湾の大手DRAMメーカーの首脳らと協議したと伝え た。会談では、エルピーダの台湾子会社(瑞晶電子)を持ち株会社と して活用し、その傘下に力晶科技、茂徳科技が入る方式を採用するこ とでおおむね一致したという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE