クロズナー元FRB理事:雇用改善は「長い道程」、回復は力強さ欠く

クロズナー元米連邦準備制度理事 会(FRB)理事は7日、米経済は「緩やかに回復しているが、力強 さは見られない」と発言した。

同氏は失業率を体系的に低下させるには、月12万5000-15万 人の雇用を生み出す必要があると指摘。「雇用の伸びはそれほど着実 ではない」と述べた。さらに「失業率を4、5年前の水準に低下させ るのは長い道程になるだろう」と語った。

現在、シカゴ大学の経済学教授であるクロズナー氏はブルームバ ーグテレビジョンとのインタビューで話した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor:Akiko Nishimae 記事に関する記者への問い合わせ先: Michael McKee in New York at +1-212-617-1834 or mmckee@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Kevin Costelloe at +1-202-624-1804 or kcostelloe@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE