NY外為(7日):ドル、週間で8月来大幅高-統計好感(Upate1)

ニューヨーク外国為替市場では、 ドルが主要通貨に対して週間ベースで8月以来の大幅高。米景気回復 の兆しを背景に、ドル建て資産の需要が拡大した。

この日はユーロがドルに対して3カ月ぶりの安値に下落。クレジ ット・デフォルト・スワップ(CDS)市場でベルギーとアイルラン ドの国債保証コストが過去最高となったほか、ポルトガルとイタリア の同コストも上昇した。ドルが今週上昇した背景には、米サービス業 の景況感が12月に4年ぶりの高水準になったほか、雇用者数が3カ 月連続で増加したことがある。

野村ホールディングスの通貨調査担当マネジングディレクター、 ジェンズ・ノードビグ氏(ニューヨーク在勤)は、「成長見通しはか なり改善した」と指摘。「ドルに対する一段と強気なセンチメントが 広がり始めている」と述べた。

ニューヨーク時間午後3時58分現在、主要6通貨に対するイン ターコンチネンタル取引所(ICE)のドル指数は週間で2.6%上げ て81.085。前週末は79.028。この日は0.4%上昇と5日続伸。

同指数の週間での上昇率は8月13日終了週(3.2%)以来の最 大だった。

米供給管理協会(ISM)が5日発表した12月の非製造業総合 景況指数は57.1と、前月の55から上昇。2006年5月以来の高水 準となった。

米雇用統計

米労働省がこの日発表した12月の雇用統計によると、非農業部 門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比10万3000人 増加と、ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミストの予想中 央値(15万人増)を下回った。11月の雇用者は7万1000人増 (速報値3万9000人増)に修正された。家計調査に基づく12月 の失業率は9.4%と、2009年5月以来の低水準。前月は9.8%だ った。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)の南北アメリカ地域G10通 貨戦略責任者、パレシュ・ウパダヤ氏は、「経済指標のほとんどが強 い内容となっているほか、資金調達問題が引き続きユーロを圧迫して いることから、ドルの基調は上向いている」と述べた。

ドルはユーロに対して0.5%高の1ユーロ=1.2934ドル(前 日1.3003ドル)。一時は1.2905ドルと、昨年9月14日以来の 高値を付けた。ドルは円に対して5日ぶりに下落し、0.4%安の1ド ル=83円01銭(同83円33銭)。ドルは円に対して週間では

2.4%高と、09年12月4日終了週(4.7%高)以来の大幅上昇。

ドル買い・円売り

ソシエテ・ジェネラルは、ドル買い・円売りを推奨している。米 国の景気回復が力強さを増しつつある中、米短期金利が上昇するため としている。

為替調査責任者、キット・ジャックス氏(ロンドン在勤)らソシ エテ・ジェネラルのアナリストは今週のリポートで、米経済指標の改 善と短期金利上振れの可能性をドル買い推奨の理由に挙げた。また、 「米指標の改善は世界的にリスクテーク意欲を喚起しつつある。円は その影響で売られやすそうだ」と指摘した。

ユーロはドルに対して今週は3.4%安。欧州連合(EU)は域 内の銀行破綻に伴うコストを優先債保有者にも負担させる計画につい て協議した。EUは、大き過ぎてつぶせない銀行に対し新しい商品の 販売を禁じたり、トレーディングリスクを制限する権限を監督当局に 与える可能性がある。各国の財政を将来の金融危機から守ることが目 的。ブルームバーグ・ニュースが入手した草案で明らかになった。

西欧諸国の国債15銘柄のCDSスプレッドで構成するマークイ ットiTraxx・SovX西欧指数は1ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)上昇の214bpと、過去最高を記録した。CMA によれば、ポルトガル国債のCDSスプレッドは9bp上げ534b pと、昨年11月30日以来の高水準。イタリア国債の同スプレッド は10bp上昇の252bp。ベルギーは249bp、アイルランドは 646bpと、いずれも過去最高となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE