アイルランド:国債発行には救済金利に近い利回りが必要

アイルランド国債管理庁(NTM A)のジョン・コリガン最高経営責任者(CEO)は7日、同国が市 場で資金調達するためには、指標となる国債利回りが欧州連合(EU) などからの救済融資の金利と同程度まで低下する必要があるとの考え を示した。

コリガンCEOはダブリンでのイベントで記者団に対し、救済プ ログラムの金利水準を「著しく上回る、不測の事態を想定したような 条件下では、国債発行が理に適わないのは明らかだ」と語った。

EUと国際通貨基金(IMF)主導によるアイルランド向け 850億ユーロ規模の救済パッケージの金利は年率5.8%になると推 測されている。アイルランド10年債の現行利回りは9.07%。

アイルランド中央銀行のホノハン総裁はこの日、EUとIMFは アイルランドの債務状況について「管理可能」だと考えていると語っ た。コリガンCEOは、アイルランドの債務状況が持続可能だと判断 しなかったならば、これら当局は救済策を提供しなかっただろうと述 べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE