香港株(終了):ハンセン指数が8日ぶり反落-追加引き締め懸念

7日の香港株式市場では、ハンセン 指数が8営業日ぶりに下落した。中国が金融システムの流動性を管理 する方針を示したことで、追加的な金融引き締めへの懸念が高まった。

時価総額で世界最大の銀行、中国工商銀行(1398 HK)は0.7%安。 中国銀行(3988 HK)は0.5%下げた。海洋油田・ガス田開発で中国最 大手、中国海洋石油(CNOOC、883 HK)は2.4%安。原油相場が 約3週間ぶりの安値となったことが響いた。

不動産開発のサンフンカイ・プロパティーズ(新鴻基地産発展、 16 HK)は1.4%安。センタライン・プロパティー・エージェンシーは 今年の香港の住宅販売が減少するとの見通しを示した。同業のチョン コン・ホールディングス(長江実業集団、1 HK)も1.6%下げた。

プライド・インベストメンツ・グループ(香港)のルイス・ワン 最高投資責任者(CIO)はブルームバーグテレビジョンとのインタ ビューで、「政策金利は今年、上昇し続けるだろう。現時点の政策は、 市場の反応を見極めるために状況を見守るか漸進的に進めるかという ものだ」と述べた。

ハンセン指数は前日比0.4%安の23686.63。週初からは2.8%値 上がりした。ハンセン中国企業株(H株)指数は0.4%安の12925.71。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE