中国:10年の経済成長率は約10%、李副首相が発言 (Update1)

中国の李克強副首相は、2010年の 中国経済成長率が約10%になったと述べた。国営の新華社通信が李副 首相のマドリードでのコメントを引用した。

スペインとドイツ、英国を9日間の日程で歴訪している李副首相 は5日、マドリードで産業界幹部に国内総生産(GDP)見通しを示 したという。李副首相はまた、昨年の中国小売売上高が前年比18.5% 増えたとの推計値も示した。

新華社が引用した発言録によると、李副首相は「中国は国内の発 展において引き続き困難な課題を抱えており、さらなる成長を確実に するために貿易と投資を拡大し続ける必要がある」と語った。

国際通貨基金(IMF)の予測では、中国は10年に日本を抜き世 界2位の経済大国となったもよう。09年にはドイツに代わり世界一の 輸出大国となっている。

--Nerys Avery, Huang Zhe, Kevin Hamlin. Editors: Chris Anstey,Ken McCallum

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 笠原文彦  Fumihiko Kasahara  +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 東京 角田正美 Masami Kakuta +81-3-3201-3157 mkakuta@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Nerys Avery in Beijing at +86-10-6649-7558 or navery2@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Paul Panckhurst at +852-2977-6603 or ppanckhurst@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE