ライアン米下院予算委員長:州政府をデフォルトから救済しない方針

【記者:Simone Baribeau、James Rowley】

1月6日(ブルームバーグ):米下院予算委員会のポール・ライア ン委員長(共和、ウィスコンシン州)は6日、共和党は州政府をデフ ォルト(債務不履行)から救うことはしない方針だと指摘した。

ライアン委員長はワシントン近郊で開かれたフォーラムで、「われ われは救済に関心がない」と述べた。州政府がデフォルトにひんした 際にどう対応するかとの質問に対しては、一部の州が「すでにそうい う状況だと伝えてきている」と語った。

米調査機関の予算・優先政策センターが先月16日公表した試算に よると、州政府の財政赤字は来年度(2011年10月-12年9月)に計 1400億ドル(約12兆円)に達する見通し。ネルソン・A・ロックフ ェラー政府研究所によると、州の税収入はリセッション(景気後退) 前の水準を引き続き下回っている。州政府のデフォルトはアーカンソ ー州が債務不履行に陥った1933年以来、起きていない。

ライアン委員長は「つましい州の納税者が放漫な州の納税者を救 済すべきだろうか」と疑問を投げかけた上で、「請求書を期日通りに支 払い、手堅く財政運営してきたインディアナ州の納税者が、そうして こなかったカリフォルニア州の納税者を救済すべきだろうか。答えは ノーだ。それはモラルハザード(倫理観の欠如)で、こうした状況を 生み出すことに関心はない」と強調した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE