【個別銘柄】鉄鋼、良品計画、りそなH、スター精、武銀、オンワド

更新日時

株価変動材料の出た銘柄の終値は 以下の通り。

鉄鋼株:新日本製鉄(5401)が前週末比3.8%高の303円、神戸 製鋼所(5406)が1.9%高の216円など。東証1部鉄鋼株指数は2.2% 高で、33業種別指数の値上がり率トップだった。クレディ・スイス証 券は7日、鉄鋼セクターの投資判断を「マーケットウエート」から「オ ーバーウエート」に引き上げた。個別では、新日鉄とJFEホールデ ィングス (5411)を「アウトパフォーム」に格上げした。

良品計画(7453):6.8%高の3790円と5連騰。経費圧縮や海外子 会社の好調などで、9-11月期(第3四半期)の連結営業利益は前年 同期比4%増の49億円となったことが7日に分かった。9四半期ぶり の増益転換が評価された格好。UBS証券では7日付の投資家向けリ ポートで「最悪期を脱した」と指摘、目標株価を従来の3000円から 3600円に引き上げた。

住友ゴム工業(5110):2.1%高の885円。悪材料は織り込み済み で、対アジア競合での高い競争力を評価するとし、ゴールドマン・サ ックス証券は7日、投資判断を「中立」から「買い」に、目標株価を 1000円から1050円に引き上げた。同証が目標株価を1750円から1850 円に上げたブリヂストン(5108)も1.8%高の1673円と3連騰。

りそなホールディングス(8308):7.3%安の485円で、東証1部 の下落率1位。6000億円規模の公募増資を今月中に実施する、と7日 夕に正式発表。最大で約13 億株の普通株式を新たに発行する。発行 価格は24日から26日までに決定予定で、調達資金では国が保有する 優先株式を買い戻し、公的資金の返済に充てる方針。前週末に続き、1 株価値の希薄化などを懸念する売りに押された。

スター精密(7718):6.8%安の871円。コンポーネント(部品) 部門の収益改善が当面の課題とし、ゴールドマン・サックス証券は10 日、12年2月期の連結営業利益予想を33億円から32億円に、13年2 月期も49億円から47億円に減額、目標株価は従来の900円から870 円に引き下げた。スター精が7日に公表した10年3-11月期の連結 営業損益は5億5200万円の黒字と、前年同期の29億円の赤字から大 きく改善したが、コンポ事業は3億4000万円の赤字だった。

武蔵野銀行(8336):6.8%安の2348円。同行は7日、三菱東京U FJ銀行などが保有する普通株式180万株を売り出すと発表。地域の 個人投資家を中心に株主数を増やし、流動性を高めるのが狙いだが、 併せて27万株を上限とした株式の売り出し(オーバーアロットメント による売り出し)も実施するため、目先の需給悪化が嫌気された。

アルバック(6728):5.2%安の2264円と大幅続落。株価は中小型 FPD(テレビ用薄型ディスプレー)の投資ラッシュへの期待を織り 込み済みなどと指摘し、野村証券では7日付で投資判断を「1(買い)」 から「2(中立)」へ引き下げた。

大手商社:三菱商事(8058)が1.4%高の2382円、丸紅(8002)は

1.2%高の611円。10日のニューヨーク原油先物が前週末比1.4%高と なったほか、金や銅の先物も上昇。商品先物の指標であるロイター・ ジェフリーズCRB指数は0.9%高と、国際商品市況がほぼ全面高と なり、収益上積み期待の買いが先行した。三菱商については、米国で 2つの風力発電所の建設・運営に参画し、風力発電事所の開発事業に 参入する、と10日付の日本経済新聞朝刊が報道。丸紅も、カナダで事 業費約160億円の発電所を建設すると伝えられた。

わらべや日洋(2918):5.2%安の1019円と大幅続落。労働基準監 督署からの是正勧告に伴う特別損失計上などにより、11年2月期の連 結純利益予想を従来の28億9000 万円から18億円に38%引き下げる、 と7日に発表。前期比では16%減益見込み。

オンワードホールディングス(8016):4.3%高の748円。10年3 -11月期の連結営業利益は前年同期比37%増の87億円だった、と7 日に発表。中核会社のオンワード樫山など、国内外子会社の業績が計 画を上回った。

イオン(8267):2.9%高の1051円。10年3-11月期の連結営業 利益は前年同期比67%増の934億円だった、と7日に発表。11年2月 通期予想の上限1600億円に対する進ちょく率は58%。総合スーパー 事業を中心とした販売費と一般管理費を見直し、利益改善が進んだ。

ダイエー(8263):2.1%安の320円。10年3-11月期の連結営業 損益は5億2200万円の赤字だった、と7日に発表。販売費・一般管理 費の削減などに注力、前年同期の40億円の赤字からは損失が減ったも のの、11年2月通期予想の45億円の黒字は据え置き、計画達成を慎 重に見る売りが優勢となった。

エルピーダメモリ(6665):3.8%安の1001円。10年10-12月期 は6四半期ぶりの連結営業赤字になったもよう、と8日付の日経新聞 朝刊が報道。営業赤字額は200億円を上回った(前年同期は305億円 の黒字)公算が大きい、としている。一方、同日付読売新聞夕刊は、 エルピーダと台湾の世界6、7位の半導体メーカーが経営統合する方 向で詰めの交渉に入った、と報じていた。

イマージュホールディングス(9947):11%高の312円。同社は7 日、MBO(マネジメント・バイアウト)で非公開化すると発表。そ の一環で、TKMホールディングスが株式公開買い付け(TOB)を 行う。TOB価格は1株314円、買付代金は最大で44億円で、TOB 価格にさや寄せする動きとなった。

任天堂(7974):1.8%高の2万4040円。岩田聡社長は9日、千葉 市内で日経新聞の取材に応じ、2月26日に国内で発売する3D対応の 携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」について「途切れなく供給す ることが重要だ」と強調、3月末までに150万台前後の国内出荷を計 画していることを明らかにした、と10日付同紙朝刊が報じた。

コスモス薬品(3349):3.2%高の3275円。クレディ・スイス証券 は7日付で、投資判断を「中立」から「アウトパフォーム」に、目標 株価を2600円から3800円に引き上げた。

ミシンメーカー株:JUKI(6440)が4.7%安の177円、ペガ サスミシン製造(6262)が9.2%高の273円など。世界的な衣料消費 の回復を受け、工業用ミシンの値上げに乗り出したと8日付の日経新 聞朝刊が報じた。

リコー(7752):1.5%安の1178円。10年10-12月期の連結営業 利益(米国会計基準)は230億-240億円と、前年同期比で横ばいに とどまった公算が大きいと8日付の日経新聞朝刊が報じた。

東邦ホールディングス(8129):2.2%高の1167円。伊藤忠商事と 組み中国に進出する、と9日付の日経新聞が報道。現地の医薬品卸3 位の九州通医薬集団(湖北省)と合弁企業を設立、日本製の医薬品や 医療機器などを現地の病院やドラッグストアに販売するという。

スタートトゥデイ(3092):7.7%高の37万2500円。一時37万 3000円と連日で上場来高値を更新した。10年12月度の月次商品取扱 高が前年同期比60%増の67億円だった、と7日に発表。会員数は11 月の263万人から277万人まで増えた。

日立造船(7004):1.6%高の127円。地下トンネルの掘削で使う 大型機械「シールド掘進機」を香港やシンガポールなど海外4カ国・ 地域から7基連続で受注した、と9日付の日経新聞が報道。総受注額 は明らかにしていないが、45億円程度とみられると伝えた。

GCAサヴィアングループ(2174):6.2%高の10万円と反発。11 年12月期に3年ぶりに復配する方針であることがブルームバーグの 取材で分かった。大型M&A案件が進行中で、手数料収入の増加で利 益が膨らむ。創業メンバーの佐山展生取締役が明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE