米CFTC:商品市場の投機抑制策、13日に協議へ-持ち高制限など

米商品先物取引委員会(CFTC) は来週、原油や金、小麦など原材料への投機を抑制する計画について検 討する見通しだ。1930年代以降で最大規模の金融規制改革の一環。

CFTCは6日発表した文書で、13日に開く次回の会合で持ち高 制限について協議する予定であることを明らかにした。新規制では取引 会社が保有できる持ち高を制限する見込み。

ドッド・フランク法はCFTCに対し、エネルギーや金属市場の投 機抑制は今月までに、農産物については4月までに導入するよう期限を 設けていた。CFTCのゲンスラー委員長は先月、議員らに対し、デー タが十分に収集できていないため期限には間に合わないとの見通しを示 していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE