米ハリバートンとアナダルコ株が下落、原油流出事故の調査報告受け

6日の米株式市場で、ハリバートン とアナダルコ・ペトロリアムの株価が下落した。メキシコ湾で昨年4月 に起きた原油流出事故に関する米調査委員会の報告を受け、両社が英B Pの賠償費用の負担を回避できるとの見方が後退した。

6日のハリバートン株の終値は前日比1.20ドル(3%)安の

38.22ドル。一時は37.68ドルまで下落した。アナダルコ株の終値は 同2.4%安の74.46ドル。両社の株価は原油流出事故以降、BPと爆 発事故が発生したマコンド油井でのリグ(石油掘削装置)所有者である スイスのトランスオーシャンをアウトパフォームしていた。

BPディープウォーター・ホライズン原油流出事故調査委員会は5 日、BPと主要な請負業者であるハリバートンとトランスオーシャンの 判断不足に加え、政府監視の甘さが沖合での原油流出事故の原因になっ たと指摘。アナダルコはマコンド油井の権益25%を保有している。

爆発事故が起きた昨年4月20日から今月5日までの騰落率は、ハ リバートンがプラス18%、アナダルコがプラス3.2%。一方、BPは マイナス24%、トランスオーシャンはマイナス20%だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE