1月6日の欧州マーケットサマリー:スペイン、ポルトガルの国債下落

欧州の為替・株式・債券・商品 相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.3024 1.3149 ドル/円 83.17 83.25 ユーロ/円 108.32 109.47

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 281.49 +1.01 +.4% 英FT100 6,019.51 -24.35 -.4% 独DAX 6,981.39 +41.57 +.6% 仏CAC40 3,904.42 -.19 -.0%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 .90% -.01 独国債10年物 2.91% -.02 英国債10年物 3.53% -.02

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,368.50 +.50 +.04% 原油 北海ブレント 94.09 -1.41 -1.48%

◎欧州株式市場

欧州株式相場は上昇し、ストックス欧州600指数は4日連続高と なった。2011年は経済成長の加速で株価が上昇するとの期待が強ま った。

英半導体設計企業、ARMホールディングスは01年以来の高値 を付けた。米マクロソフトが基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」の 次世代版について、ARMの基本設計に対応させると確認したことが 買い材料となった。

仏出版会社ラガルデールと、独テレビ局のプロジーベンSAT1 メディアがメディア関連株の上げを主導した。ゴールドマン・サック ス・グループが両銘柄の投資判断を引き上げたことが手掛かり。欧州 ソブリン債危機への懸念から銀行株は下げ、株価指数の上値を重くし た。

ストックス欧州600指数は前日比0.4%高の281.49で終了。 一時は1%上げ、約2年ぶり高値を付けた。同指数は昨年8.6%上昇 した。企業利益の増加に加え、FRBが景気刺激策として6000億ド ル相当の国債買い入れ方針を示したほか、欧州連合(EU)がギリシ ャとアイルランドを救済したことが背景。

バークレイズ(ロンドン)の株式ストラテジスト、エドムンド・ シング氏は6日付のリポートで、「株価の割安感や株式への資金再配 分、インフレを伴う実体経済の成長加速が相まって株価を支えるだろ う」と記し、「景気回復は継続している」との見方を示した。

ブルームバーグのデータによれば、ストックス欧州600指数の構 成銘柄の予想株価収益率(PER)は約11倍と、昨年初めの約16 倍を下回っている。

6日の西欧市場では、取引のあった14カ国中5カ国で主要株価 指数が上昇。ARMは2.3%上げた。ラガルデールは6.4%の大幅高、 プロジーベンは2.7%の上昇となった。

◎欧州債券市場

欧州債市場ではポルトガルとスペインの国債相場が下落した。来 週実施される一連の国債入札で利回りが上昇するとの観測が高まった ことが背景にある。

ポルトガル10年債のドイツ10年債に対するプレミアム(上乗 せ利回り)は拡大し、過去1カ月で最大となった。ポルトガルの公債 管理機関IGCPはこの日、2014年償還と20年償還の債券を12日 に入札すると発表した。ベルギー国債は急落。政権樹立に向けた7党 による連立協議の再開が不調に終わったことが嫌気された。ドイツ国 債相場は上昇した。

コメルツ銀行のストラテジスト、デービッド・シュナウツ氏は、 「ポルトガル国債の今回の下落要因は供給に関連したものだ」と述べ、 「スペインとイタリアからの国債供給で、来週の発行市場は非常に忙 しくなる」と語った。

ロンドン時間午後4時40分現在、ポルトガル10年債利回りは 前日比26ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の

7.17%。ドイツ10年債に対するプレミアムは404bpと、先月1日 以降の最大に拡大した。同国債(表面利率4.8%、2020年6月償還) 価格は1.57ポイント下げ84.12。

CMAによると、ポルトガル国債のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)スプレッドは7bp上昇し、11月30日以来の最高 となる504bpを付けた。

スペインが13日に2016年償還債を発行するほか、イタリアも 同日に15年償還と26年償還の債券を入札する。スペイン10年債利 回りは16bp上昇し5.49%。同年限のイタリア国債利回りは11b p上げ4.77%となった。

一方、ベルギー10年債利回りは13bp上昇し4.07%。ドイツ 10年債に対するプレミアムは115bpと、先月1日以来の最大を記 録した。昨年6月13日の総選挙の前は79bpだった。

◎英国債市場

英国債相場は上昇。10年債利回りは前日比2ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)低下し3.53%、2年債利回りも2bp低 下の1.17%となった。

英公債管理局(DMO)がこの日実施した27億5000万ポンド 規模の2020年償還債(表面利率3.75%)の入札で、平均落札利回 りは3.68%となった。昨年11月18日の前回入札は3.45%だった。 今回の応札倍率は2倍で、前回の1.77倍を上回った。

モニュメント・セキュリティーズの債券アナリスト、マーク・オ ストワルド氏(ロンドン在勤)は、「国債入札は順調だった」と述べ た上で、「国債相場はそれほど上昇しなかった。この日発表された製 造業購買担当者指数(PMI)指数が天候によるものと受け止められ たためだ」と語った。

ブルームバーグと欧州証券アナリスト協会連合会(EFFAS) がまとめた指数によると、英国債の過去1年のリターン(投資収益率) はプラス6.3%。これに対しドイツ国債は6.1%、米国債は4.7%。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 西前 明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE