欧州債:スペイン国債が下落、来週の入札を控え-ポルトガル債も安い

欧州債市場ではポルトガルとスペ インの国債相場が下落した。来週実施される一連の国債入札で利回り が上昇するとの観測が高まったことが背景にある。

ポルトガル10年債のドイツ10年債に対するプレミアム(上乗せ 利回り)は拡大し、過去1カ月で最大となった。ポルトガルの公債管 理機関IGCPはこの日、2014年償還と20年償還の債券を12日に 入札すると発表した。ベルギー国債は急落。政権樹立に向けた7党に よる連立協議の再開が不調に終わったことが嫌気された。ドイツ国債 相場は上昇した。

コメルツ銀行のストラテジスト、デービッド・シュナウツ氏は、 「ポルトガル国債の今回の下落要因は供給に関連したものだ」と述べ、 「スペインとイタリアからの国債供給で、来週の発行市場は非常に忙 しくなる」と語った。

ロンドン時間午後4時40分現在、ポルトガル10年債利回りは前 日比26ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の7.17%。 ドイツ10年債に対するプレミアムは404bpと、先月1日以降の最 大に拡大した。同国債(表面利率4.8%、2020年6月償還)価格は

1.57ポイント下げ84.12。

CMAによると、ポルトガル国債のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)スプレッドは7bp上昇し、11月30日以来の最高 となる504bpを付けた。

スペインが13日に2016年償還債を発行するほか、イタリアも同 日に15年償還と26年償還の債券を入札する。スペイン10年債利回 りは16bp上昇し5.49%。同年限のイタリア国債利回りは11bp上 げ4.77%となった。

一方、ベルギー10年債利回りは13bp上昇し4.07%。ドイツ 10年債に対するプレミアムは115bpと、先月1日以来の最大を記録 した。昨年6月13日の総選挙の前は79bpだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE