米AT&T、アイフォーン3GSを半額に値下げ-新モデル投入に備え

携帯電話サービスで米2位のAT &Tは、アップル製のスマートフォン(多機能携帯端末)「iPho ne(アイフォーン)3GS」の価格を半額に値下げする。高速ネッ トワーク向け機種が今年投入されることに伴う措置。

AT&Tの広報担当者、マーク・シーゲル氏(ダラス在勤)は電 子メールで配布した資料で、サービス契約者向けの価格を99ドル (約8240円)から49ドルに7日に引き下げることを明らかにした。

AT&Tは5日、第4世代(4G)と呼ばれる次世代ネットワー ク向けに20機種を今年投入する計画を発表した。4Gサービス開始 に伴い、競合のベライゾン・ワイヤレスやスプリント・ネクステルと の差を埋めることを狙っている。AT&Tはまた、アイフォーン向け サービスを提供する唯一の企業というステータスを失ったことに伴い、 顧客流出の食い止めに努めている。

AT&Tは前日、ラスベガスで開催されている開発者向け会議で、 サムスン電子や宏達国際電子(HTC)、モトローラ・モビリティ・ ホールディングスの4G対応スマートフォンを発表した。3機種とも グーグルが開発した基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載して いる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE