欧州金融機関の社債保証コストが上昇、負担共有を求めるEU提案で

銀行破綻に伴うコストを優先債保 有者にも負担させるという欧州連合(EU)の提案を受けて、6日の クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で欧州の銀行の社 債保証コストが6カ月ぶりの高水準に上昇している。

欧州の銀行・保険25社の優先債CDSで構成するマークイット iTraxx金融指数は、4日にEUの計画案が伝わって以来21.5 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇。JPモルガン・ チェースによると、この日はロンドン時間午後1時現在、190bpに 上げ、昨年6月8日以来の高水準となった。

BNPパリバのアナリスト、アイバン・ズボ氏は「EU提案に関 する不確実性が、金融機関のCDSスプレッドを押し上げている一因 になっている」と述べた。

JPモルガンによれば、金融機関の劣後債で構成するマークイッ トの指数は16bp上昇の357と、09年3月20日以来の高水準。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE