投資銀行の収入、今年と来年は従来予想より低い伸びに-JPモルガン

今年と来年の投資銀行収入は世界 的に従来の見通しよりも低くなるだろうと、JPモルガン・チェース はみている。

キアン・アボホセイン氏らJPモルガンのアナリストは6日の顧 客向け文書で、投資銀行収入の2011年、12年の増加率予想を3%と、 従来予想の4%から引き下げた。債券・通貨・商品事業の収入は11年 に前年比4%減少し、12年はさらに4%減ると見込まれている。一方、 株式事業と助言業務、引き受けの収入は増えると予想されている。

各社の届け出によれば、昨年7-9月(第3四半期)は大半の投 資銀行で債券・通貨・商品トレーディングの収入が減少した。

ただ、JPモルガンはゴールドマン・サックス・グループやUB Sなどの投資銀行株は依然として割安なため投資妙味があると指摘し た。

「投資銀行株は有形純資産倍率から見ても株価収益率から見ても 割安なため、長期的には妙味があると引き続き考えている」とアナリ ストらは説明。ゴールドマンを有望視するほか、次いでUBS、モル ガン・スタンレー、クレディ・スイス・グループ、バークレイズ、ド イツ銀行などを選好対象として挙げた。

JPモルガンはまた、投資銀行株についてもう1つの重要な要素 は報酬だとし、昨年通年の報酬割合は英国のボーナス税を除いたベー スで42%程度と試算している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE