エアバス:アシアナから「A380」6機を受注-顧客獲得の勢い増す

欧州の航空機メーカー、エアバス は、アシアナ航空から超大型旅客機「A380」6機を受注した。3年 余りで獲得した新規顧客は最近まで1社のみだったが、A380売り込 みの勢いが増しつつある。

韓国2位の航空会社、アシアナは6日、総額18億ドル(約 1500億円)相当を発注したと発表した。同社への引き渡しは2014 年4月から始まり、同国首位の大韓航空に長距離路線で対抗する構え だ。

最大525席を配置できるA380のここ3カ月の新規顧客はスカ イマークに次ぎ2社目。スカイマークは昨年11月、最大15機を導 入する計画を発表した。2007年に発注した英ブリティッシュ・エア ウェイズ(BA)以降の新規顧客は、09年11月に2機発注したフ ランス領ユニオン島に本社を置くエール・オーストラルだけだった。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)のアナリス ト、サンディ・モリス氏は「巨大で高価な航空機のため、どの航空会 社にとっても極めて戦略的な決断だ。成長を見込んだ航空機であるこ とは明らかだ」と語った。

エアバスによると、A380に対し18社から240機の受注があ り、41機は既に稼働している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE