中国人民元:3日続落、1カ月余りで最長の連続下げ-ドル需要増大

中国人民元は6日、対ドルで3日続 落と、この1カ月余りで最長の連続値下がりとなった。米経済が回復 しつつあることを示す指標が増え、ドルへの需要が増大した。

5日発表された昨年12月の米供給管理協会(ISM)非製造業総 合景況指数が上昇したことを受け、主要6通貨に対するドル指数は同 日、3週間ぶりの大幅な上昇となった。米労働省が7日発表する昨年 12月の非農業部門雇用者数は3カ月連続で増加しそうだ。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上 海時間午後4時32分(日本時間同5時32分)現在、前日比0.11%安 の1ドル=6.6265元。人民銀は6日の中心レートを1ドル=6.6322 元と、2日連続で元安方向に設定した。

1年物のノンデリバラブル・フォワード(NDF)は前日比0.04% 安の1ドル=6.4500元。人民元が今後1年で2.7%上昇するとの予想 を織り込んでいる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE