中国の住宅価格、今年5-7%上昇へ-ジョーンズ・ラング(Update1

中国の住宅価格が今年5-7%上昇 するとの見通しを、上場の商業不動産仲介企業で世界2位の米ジョー ンズ・ラング・ラサールが示した。経済の急成長が続く中、資産バブ ルを阻止するため、中国政府は「引き締め的」な住宅政策を続けると 予想している。

同社の中国調査責任者、マイケル・クリバナー氏は上海でのイン タビューで、上海で今年導入されると見込まれる不動産税は税率が低 く、わずかな影響しかないとの見方を示した。中国誌、新世紀周刊は 今週、省庁間の意見の食い違いで不動産税の導入が遅れる可能性があ ると報じた。

クリバナー氏は、「中国の住宅価格は2011年に安定を続け、値上 がりは家計の可処分所得より小さいものになるだろう」と述べ、「今年 の景気は引き続き比較的力強いだろう」と指摘した。今年見込まれる 住宅供給の増加分は、国内の需要を十分満たすには至らないだろうと も語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE