中国が韓国国債買い増し-外国人への課税復活でも12月に23%増加

中国は昨年12月、韓国議会が外国 人の国債投資への課税を復活させる法案を可決したにもかかわらず、 韓国国債を買い増した。

韓国金融監督院(FSS)が電子メールで6日公表した資料によ ると、中国が12月に買い越した韓国国債は4440億ウォン(約330 億円)相当と、前年同月比で23%増加。2010年末の保有残高は6兆 5700億ウォンと、前年末の3倍超に拡大した。一方、12月の外国人 投資家による売り越しは過去最高の5兆3000万ウォンだった。

FSSは発表資料で、「中国は昨年、毎月買い越した」と説明。外 国人投資家全体では売り越しが過去最大となったことについては、「外 国人の債券投資への課税法案通過や欧州の債務危機、ドル高、年末の ポジション調整など複数の要因によるものだ」と解説した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE