豪州の2010年新車販売台数は10%増加-トヨタが首位維持

オーストラリアの2010年の新車販 売台数は10%増加した。政府の刺激策や商品需要が同国の経済成長を 押し上げたことが背景。トヨタ自動車が販売台数でトップとなった。

自動車産業連邦会議所(FCAI)の6日の発表によると、業界 全体の新車販売台数は103万6000台となり、前年の93万7328台から 増えた。トヨタは6.8%増の21万4718台と、市場シェアは20.7%で 最大だった。

豪州が深刻な景気低迷を免れる中で、業界全体の販売台数は過去 2番目の高水準を記録した。トヨタは首位を維持したものの、韓国の ヒュンダイモーターカンパニー(現代自動車)や日産自動車などにシ ェアを奪われた。

トヨタのシェアは前年の21.4%から0.7ポイント低下。一方、現 代自動車の販売台数は8万38台で、シェアは6.7%から7.7%に上昇 した。日産自動車は6万2676台を販売、シェアを6.1%(前年5.6%) に上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE