パナソニック:ビエラ・タブレットを開発、今年商品化へ(Update1)

プラズマテレビ世界最大手のパナソ ニックは、薄型テレビ「ビエラ」と連携し、クラウドサービスに対応す るスマート端末「ビエラ・タブレット」を開発した。小型ディスプレー とタッチパネルを用いたタブレット型の端末で、今年商品化する。

米国ラスベガスで開催の家電見本市コンシューマー・エレクトロニ クス・ショー(CES)での説明会で5日(米国時間)に発表した。同 社の米国法人がウェブサイトでも公表した。

同社はまた、クラウド型のテレビ向けインターネットサービス「V IERA Connect」を今春から開始すると発表した。ACCE SSとの協業を進めるほか、「VIERA Connect」の技術を 他の電機、半導体メーカーに対しオープン化し、アプリケーションの増 加などサービスの拡大を目指す。

同サービスは、映画やテレビ番組視聴のほか、テレビのリモコンを 操作してゲームなどのコンテンツをオンラインで楽しむことができる というもの。オンライン・ショッピングなどのインターネットサービス に対応する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE