【個別銘柄】輸出、VCKW、りそな、証券、Fリテイ、東光、富士重

きょうの日本株市場で株価変動材料 の出た銘柄の終値は以下の通り。

輸出関連株:トヨタ自動車(7203)が前日比2.6%高の3380円、 東芝(6502)が3%高の474円など総じて上昇。5日に発表された米国 の民間雇用統計とサービス部門景況指数が予想以上の伸びを示し、米景 気に対する楽観的な見方が広がった。為替の円安傾向も追い風となり、 東証1部の業種別上昇率上位には輸送用機器や電気機器、機械、精密機 器がそろって入った。

JVC・ケンウッド・ホールディングス(VCKWH、6632):値 幅制限いっぱいのストップ高となるとなる80円(26%)高の387円。 東証1部値上がり率2位。欧州を中心とした海外市場で公募増資や自社 株処分を実施する、と5日夕に発表。調達額は概算で最大約106億円と なる見込み。悪材料が出尽くしたとの見方から、足元の業績好調や増資 による金利負担減が評価された。

りそなホールディングス(8308):14%高の545円。午前半ば以降 から買いが殺到し、東証1部売買代金首位となった。増資観測を背景に 信用取引の売り残高が多かったVCKWH株が正式発表後にストップ高 となったことで、公募増資の実施計画を持ち売り残が多い同社株にも、 正式発表後の株価動向を意識して早めの買い戻しが入りやすかった。

証券株:野村ホールディングス(8604)が4%高の541円、大和証 券グループ本社(8601)が5.9%高の450円など軒並み高。証券・商品 先物取引指数は東証1部の業種別上昇率1位。景気改善期待から日経平 均株価が8カ月ぶりの高値に上昇しており、相場上昇による収益環境の 好転を先取りする動きが出た。

資源関連株:三菱商事(8058)が1.9%高の2373円、三井物産 (8031)が2.7%高の1427円など。米国の良好な経済指標を受けて需 要拡大への期待が高まり、5日のニューヨーク原油先物は前日比1%高 の1バレル=90.30ドルと反発。また、オーストラリアのクイーンズラ ンド州が過去50年で最悪の洪水に見舞われ、石炭生産に支障が出たこ とで原料炭(強粘炭)価格上昇が予想されることも刺激となった。

富士重工業(7270):4.1%高の685円。ゴールドマン・サックス 証券では、短期では2010年10-12月決算を受けて11年3月期業績に 対する市場コンセンサスが切り上がるほか、中期では13年3月期の連 結営業利益1000億円の達成に向けた道筋が新中期計画の発表で明確に なると指摘。投資判断を「中立」から「買い」、目標株価を660円から 850円へそれぞれ引き上げた。

ニコン(7731):3.5%高の1818円。液晶露光装置の需要拡大見通 しから三菱UFJモルガン・スタンレー証券など直近でアナリストの格 上げが相次いでいるほか、6日付の日本経済新聞朝刊は13年3月期の 連結営業利益が今期見込み比2.5倍を計画していると報道。業績への評 価が継続した。

ファーストリテイリング(9983):5.1%安の1万2400円。10年 12月の国内ユニクロ事業の既存店売上高が前年同月比15.5%減だった と前日発表。気温が高く推移し、冬物販売が伸び悩んだ。ゴールドマ ン・サックス証券では想定以上に苦戦しているとし、今・来期業績予想 をともに下方修正、目標株価を1万1500円へ引き下げた。

東光(6801):26%高の200円と、東証1部の値上がり3位。スマ ートフォン(高機能携帯端末)向けのメタルアロイコイルの生産量を引 き上げる方針が明らかになり、業績への貢献が期待された。同社広報グ ループ長の牧野卓氏によると、メタルアロイコイルの月間生産量を11 年末までに1億2000万個に引き上げる計画で、現状の4000万個から3 倍となる。

日本電産(6594):2.4%高の8600円。モルガン・スタンレーMU FG証券では、収益頭のハードディスク駆動装置(HDD)モーターの 継続的収益拡大、現在赤字である自動車用モーターの収益改善と中期的 拡大などを理由として、新規に投資判断を「オーバーウエート」に設定 した。また、6日付の日経新聞朝刊は、ブラジルに大型の生産拠点を開 設するとも伝えている。

日本車両製造(7102):15%高の464円。住友商事が同社と台湾で の鉄道車両大型案件受注について午後4時半に発表することが午後に明 らかになり、受注拡大を先取りした買いが優勢となった。

ファミリーマート(8028):2.9%高の3085円。am/pm統合に よる増益効果などを理由に再評価時期が到来しつつあるとし、三菱UF Jモルガン・スタンレー証券では投資判断を従来の「ニュートラル」か ら「アウトパフォーム」、目標株価を3300円から3600円にそれぞれ引 き上げた。

ユナイテッドアローズ(7606):5.2%高の1330円。10年12月度 の小売・通販合計の既存店売上高は前年同月比12%増と5カ月ぶりに 10%超を記録した。防寒小物に加え、トレンドのシャツやパンツが堅調 に推移した。

昭和電工(4004):2.1%高の191円。HDD用磁気ディスクの出 荷が回復、10年12月期の連結純利益は140億円前後(前の期は379億 円の赤字)と従来予想並みだったもよう、と6日付の日経新聞朝刊が報 道。磁気ディスクの好調から、11年12月期は前期推定比約4割増の 200億円程度になりそうという。

サッポロホールディングス(2501):2.4%高の378円。メリルリ ンチ日本証券ではコストダウン効果や事業提携シナジー効果を見直し、 11年12月期連結営業利益予想を142億円から170億円に増額。投資判 断を「中立」から「買い」に引き上げた。目標株価は470円。

クラウディア(3607):8.9%高の1263円。11年8月期の連結営 業利益予想を16億9000万円から19億8000万円へ17%増額修正した。 レンタル衣装について、これまで仕入れを行った時点で取得価額の全額 を一括費用処理していたが、耐用年数1年による定額法で費用処理する よう変更したことが要因。

フィスコ(3807):ストップ高となる5000円(23%)高の2万 6830円。発行済み株式数の6.8%にあたる5000株(金額1億1000万円) を上限とする自己株式の取得を行う。取得期間は6日から6月30日。 需給改善への期待が高まった。

ACCESS(4813):午後急伸し、9.1%高の11万8000円。パ ナソニックがクラウド型のテレビ向けインターネットサービス「VIE RA Connect」の今春からの開始に伴って同社と協業すること になり、同事業による業容拡大への期待感が先行した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE