フィリピン:海外向けペソ建て国債で約1040億円調達-利回り低水準

フィリピンは、2回目となる海外投 資家向けのペソ建て債の発行で12億5000万ドル(約1040億円)を調 達した。利回りは国内流通市場の同年限の国債利回りよりも185ベー シスポイント(bp、1bp=0.01)低い水準となった。

フィリピン政府が電子メールを通じて発表した資料によれば、起 債した25年物国債(ドル決済)の利回りは6.25%。フィリピン・デ ィーリング ・アンド・エクスチェンジによれば、指標となる25年物 ペソ建て債の5日の利回りは8.10%だった。

海外投資家向けに発行される国債は、利息収入に対する20%の課 税を免除される。政府は最大15億ドルの起債の承認を得ていた。今回 の応札は36億ドルに上った。

フィリピンは今年、財政赤字を2900億ペソ(約5500億円)に縮 小させることを目指している。2010年の目標は3250億ペソだった。 外貨での借り入れを抑制し、国債償還年限の長期化を図っている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE