レアアース採掘による環境破壊、クリーンエネルギー転換の足かせに

レアアース(希土類)は、ハイブ リッド車の電池や風力タービンの磁石などに利用され、クリーンエネル ギーへの転換を目指す世界の取り組みの鍵を握っている。ただ、レアア ースの採掘や処理は環境破壊につながり、最大の生産国である中国はそ の重荷をこれ以上背負いたくないと考えている。

中国のレアアース業界のフッ素や二酸化硫黄など有毒ガスの年間排 出量は米国の鉱山会社や石油精製会社による燃焼量の5倍以上に上る。 中国金属・鉱物・化学品輸出入業者商工会議所の徐旭会頭は昨年12月 28日、北京で開催された会議で、ガス130億立法メートルに加え、カド ミウムなど発がん性のある重金属が混入した水も2500万トン排出され ていると述べた。

中国レアアース協会の王彩鳳会長はこの会議で「中国は10年以上 にわたって資源を消費し環境を破壊しながら非常に割安な価格で高品質 のレアアースを世界に供給してきた。世界各国は中国に感謝すべきだ」 と語った。

中国が未規制のレアアース鉱山の閉鎖を進め輸出を削減しているた め、トヨタ自動車や世界最大の風力タービンメーカー、デンマークのベ スタス・ウィンド・システムズなどの企業は供給逼迫(ひっぱく)を懸 念している。中国は世界のレアアース輸出の95%以上を占める。レア アースは携帯電話や排ガス浄化装置、省エネ機器などにも利用される。

中国政府は先月、今年1-6月(上期)のレアアース輸出枠を 35%削減すると発表。2010年7-12月(下期)には72%削減したた め、一部のレアアース価格が2倍以上に高騰した。

ライナスやモリコープの株価上昇

オーストラリアのライナスや米モリコープなどの鉱山会社はレアア ースの供給不足を補うことを計画している。モリコープは11月1日、 02年に停止していたカリフォルニア州マウンテンパス鉱山の操業を再 開したと発表した。

同鉱山はかつて環境面で問題を抱えており、当時ユノカル傘下だっ たモリコープは1990年代の廃水漏れの和解金として州当局に160万ド ル(約1億3000万円)を支払った。

レアアースの供給不足を背景に、ニューヨーク証券取引所(NYS E)のモリコープの株価は昨年、3倍以上に上昇。オーストラリア証券 取引所のライナスの株価も3倍以上に高騰した。

有毒物質

レアアースは珍しい金属ではない。米地質調査所の鉱物年鑑による と、電池や自動車の排ガス削減のために利用されるセリウムは地殻に銅 よりも多く含まれる。ただ、銅鉱石や金鉱石と違い抽出が困難なためレ アアースと呼ばれている。

中国で生産される年間12万トンのレアアースのうち内モンゴル自 治区の包頭地区が約半分を占め、内蒙古包鋼稀土高科技が同国最大の生 産会社だ。

中国レアアース学会の学術部門ディレクター、陳占恒氏はインタビ ューで、包頭から12キロメートル離れた尾鉱ダムには放射性廃棄物が 含まれ「深刻な問題」となっており、河川を汚染していると指摘した。

中国国営の新華社通信は11月7日、バイユンエボ鉱山を運営する 包鋼集団が、ダムから漏れ出した廃水で農地や飲料水が汚染されたため 5つの村の移転費用として地方政府とともに5億元(約63億円)を支 払ったと報じた。

--Xiao Yu in Beijing and Helen Yuan in Shanghai. With assistance from Jason Scott in Perth, Christopher Martin in New York, Mark Chediak in San Francisco and Alex Morales in London. Editors: Peter Langan, Todd White

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 堀江 広美 Hiromi Horie +81-3-3201-8913

hhorie@bloomberg.net Editor:Takeshi Awaji 記事に関する記者への問い合わせ先: Stuart Biggs in Tokyo at +81-3-3201-3093 or ssbiggs3@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Reed Landberg at +44-20-7330-7862 or landberg@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE