ブラジル株:ボベスパ指数は6日続伸-予想上回る鉱工業生産を好感

5日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が6営業日続伸し、ここ3カ月で最長の上昇局面とな った。同国鉱工業生産の予想を上回る伸びが好感されたほか、商品相 相場の上昇で関連株が買われた。

国内2位の製鉄会社ウジミナスは2.3%高と2日間では昨年7月 以来の大幅上昇となり、鉄鋼株の上げを主導した。また、同国最大の ディスカウント小売り、ロジャス・アメリカナスが7週間で最大の上 昇となるなど、内需の恩恵を受ける銘柄も買い進まれた。鉄鉱石生産 で世界最大手のヴァーレは2年半ぶり高値。金属や原油相場の上昇を 受け、ブラジル石油公社(ペトロブラス)も買われた。

ボベスパ指数は前日比1.1%高の71091.03と、昨年11月11日 以来の高値で終了。同指数構成銘柄のうち値上がりは54銘柄、値下 がりは14銘柄。通貨レアルは0.8%安の1ドル=1.6739レアル。

INGインベストメント・マネジメントで新興市場株を運用する エリック・コンラッズ氏(ニューヨーク在勤)は「ブラジルは懸念の 壁を乗り越えていく」と指摘。「一部に問題があっても好調な相場を 抑えることはないだろう。相場は割高になっていない」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE