NY外為:ドル上昇、対円で3カ月ぶり大幅高-統計を好感

ニューヨーク外国為替市場では、 ドルが円に対して3カ月で最大の上げとなった。昨年12月の米民間部 門の雇用者数が大幅に増加したことや、サービス業の景況指数の上昇 に反応した。

ユーロは主要通貨の大半に対して下落した。スイス国立銀行(S NB、中央銀行)は、アイルランドの一部銀行の社債を流動性供給オ ペの担保として受け入れることを停止し、これが嫌気された。今週末 の米雇用統計発表を控え、北米景気に回復の兆しがみられたことを手 掛かりに、円に対してはカナダ・ドルとメキシコ・ペソが特に買われ た。この日は米国債相場が下落、株価は上昇した。

オランダの金融最大手INGグループのニューヨーク在勤外為責 任者、レーン・ニューマン氏は、「経済指標の内容は予想よりも力強 く、金曜日の雇用統計にとって良い前兆となった。これがこの日のド ルを支えた」と指摘。「米債券相場も打撃を受けている。債券が売ら れれば、最近はドルが広範に買われる」と述べた。

ニューヨーク時間午後4時10分現在、ドルは円に対して前日比

1.5%高の1ドル=83円28銭(前日は82円04銭)。一時は1.6% 高と、昨年9月15日以降で最大の上昇率となり、12月23日以来の 高値となる83円38銭を付けた。ユーロはドルに対して1.2%安の1 ユーロ=1.3152ドル(同1.3308ドル)。

民間部門の雇用者数

給与明細書作成代行会社のオートマティック・データ・プロセッ シング(ADP)エンプロイヤー・サービシズが発表した給与名簿に 基づく集計調査によると、昨年12月の米民間部門の雇用者数は前月比 で29万7000人増加。ブルームバーグがまとめたエコノミストの予想 中央値は10万人の増加だった。前月は9万2000人増と、速報値(9 万3000人増)から小幅下方修正された。

オンライン為替取引会社GFTフォレクスの調査ディレクター、 ボリス・シュロスバーグ氏はADPの統計について、「予想外だった とすれば、明るいサプライズだ」と指摘。「米国のデータを受けて、 北米圏の通貨には買いが入るだろう」と述べた。

米国債市場では30年債が下落し、利回りは4.56%と昨年12月 16日以来の高水準。株式市場ではS&P500種株価指数が0.5%上昇 した。

カナダ・ドルは円に対して1.7%高。メキシコ・ペソは1.8%値 上がり。カナダとメキシコにとって米国は最大の貿易相手国。

スタンダード・バンクのG10通貨リサーチ責任者、スティーブ・ バロー氏は電子メールのリポートで、カナダ・ドルに対するオースト ラリア・ドルの売りを勧めた。豪ドルが1豪ドル=97.50カナダ・セ ントに下落するとの見方が理由。この日の豪ドルは0.9%安の1豪ド ル=99.66カナダ・セント。

オーストラリア・ドルは米ドルに対して0.5%安と3日続落。豪 北東部クイーンズランド州で起きた大洪水の影響で、同国経済の成長 が鈍化するとの懸念が背景にある。

ドル指数

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)の ドル指数は一時1.1%上げて80.353と、昨年12月29日以来の高水 準となった。

米供給管理協会(ISM)がこの日発表した12月の非製造業総合 景況指数は57.1と、前月の55から上昇した。ブルームバーグがまと めたエコノミスト予想の中央値は55.7だった。同指数で50はサービ ス業活動の拡大と縮小の境目を示す。

ブルームバーグがエコノミスト76人を対象にまとめた調査による と、米労働省が7日発表する12月の雇用統計で非農業部門雇用者数は 15万人増が予想されている。失業率は9.7%への低下が見込まれてい る。前月は9.8%だった。

ユーロは英ポンドに対して0.7%安。SNBは、アイルランド国 債に加えて、アライド・アイリッシュ銀行とアングロ・アイリッシュ 銀行、アイリッシュ・ライフ・アンド・パーマネント、アイルランド 銀行の社債を担保適格から除外した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE