北朝鮮が韓国に無条件の対話呼び掛け-韓国側は拒否の姿勢

北朝鮮は5日、国営の朝鮮中央通信 (KCNA)を通じ、韓国に「無条件かつ早期」の対話を呼び掛ける 声明を発表した。これに対し韓国側は、検討するには「誠実さが足り ない」として拒否する姿勢を示している。

北朝鮮の声明は「過去を不問にし、われわれはいつどこでも誰と でも会う用意がある」とした上で、民族が心を一つにし、英知と努力 を結集すれば戦争の危機は和らぎ、平和と統一、繁栄の日がより早く 訪れるだろうと呼び掛けた。

一方、韓国統一省の李種珠(イ・ジョンジュ)副報道官はソウル から電話インタビューに応じ、対話の提案は「検討するには誠意が足 りない」とコメント。昨年11月の延坪島(ヨンピョンド)砲撃や3月 の韓国海軍の哨戒艇沈没について謝罪するなど、「北朝鮮は行動で示す 必要がある」と述べた。

韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領は3日の演説で、北朝鮮 が「誠実さを示す」限り、金正日(キム・ジョンイル)政権との対話 に門は閉ざしていないと語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE