米ADP民間雇用者数:12月は29万7000人増

給与明細書作成代行会社のオート マティック・データ・プロセッシング(ADP)エンプロイヤー・ サービシズが発表した給与名簿に基づく集計調査によると、昨年12月 の米民間部門の雇用者数は、2001年の集計開始以来の大幅な伸びとな った。

同調査によれば、12月の米民間部門の雇用者数は前月比で29万 7000人増加。ブルームバーグがまとめたエコノミストの予想中央値は 10万人の増加だった。前月は9万2000人増と、速報値(9万3000 人増)から小幅下方修正された。

IHSグローバル・インサイトの米国担当チーフエコノミスト、 ナイジェル・ゴールト氏は統計発表前に、「企業は事業拡大への自信を 強めつつあり、結果として雇用が改善されている」と指摘。「成長はよ りバランスの取れたものになってきている」と加えた。

業種別では、製造業や建設を含む財生産部門の雇用者が2万7000 人増加と、06年2月以来の大幅な伸び。サービス業は27万人増と、 11カ月連続のプラス。増加幅は集計開始以来で最大となった。

建設業はほぼ横ばい。建設業がマイナスとならなかったのは07年 6月以来。製造業は2万3000人増えた。

従業員500人以上の大企業の雇用者数は前月比3万6000人増。 従業員50-499人の中堅企業では14万4000人増、同49人以下の 小企業は11万7000人増加した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE