グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場の 動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式市場では、ハンセン指数が6営業日続伸。中国が不動産 価格の上昇抑制措置を強化するとの懸念が和らいだことで、不動産開 発株が上げを主導した。一方、輸出関連株は下落した。

中国政府系の不動産開発会社、チャイナ・リソーシズランド(華 潤置地、1109 HK)は4.3%高。中国建設省傘下の中国海外発展 (688 HK)は1.3%値上がりした。

一方、コンテナターミナル運営会社、中遠太平洋(コスコ・パシ フィック、1199 HK)は3.5%安。米連邦準備制度理事会(FRB) が4日公表した連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で、米国の景 気回復は国債購入計画を縮小できる水準には達していないとの認識が 示されたことが響いた。

携帯電話の受託生産最大手、富士康国際(フォックスコン、 2038 HK)は1.5%安。米ウォルマート・ストアーズへの納品業者 として最大手、リー・アンド・フォン(利豊、494 HK)も0.6%下 げた。

海通国際アセット・マネジメントのファンドマネジャー、ダニ ー・ヤン氏(香港在勤)は、「米景気が回復の途上にあることを誰も 否定しないが、同時に、米国が早期に量的緩和を終わらせる意思があ り、それができるだろうと考える人もいない」と述べた。

ハンセン指数は前日比89.34ポイント(0.4%)高の

23757.82と、昨年11月15日以来の高値で終了。ハンセン中国企 業株(H株)指数は同0.2%安の12994.41だった。

【中国株式市況】

中国株式相場は5営業日ぶりに反落。商品相場が下落したことに 加え、このところの上げは業績見通しに比べて行き過ぎとの見方が広 がったことが売りにつながった。当局が追加の引き締め策を講じるこ とへの警戒もある。

銅生産で中国最大手の江西銅業(600362 CH)は2.1%安。同 国産金最大手の紫金鉱業(601899 CH)は2.9%安。世界的な景気 回復を受けたドル高予想で、国際商品相場が約7週間ぶりの大幅安と なったことが響いた。チャルコ(中国アルミ、601600 CH)も

1.5%下げた。

鉄道車両メーカーの中国北車(601299 CH)と中国南車 (601766 CH)はそろって最高値を更新した。中国北車は3.3%高。 中国南車は0.5%高。政府が両社の親会社を統合する可能性があると、 中国紙、21世紀経済報道が伝えたことが手掛かり。

上海坤陽投資管理のファンドマネジャー、戴明氏は「金融政策の 引き締めや中国経済の成長鈍化など、相場上昇を抑えている要因は依 然として存在している。こうした要因が早期になくなることはないだ ろう」と述べた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動し ている上海総合指数は、前日比14.06ポイント(0.5%)安の

2838.59。上海、深セン両証取のA株に連動しているCSI300指 数は同0.4%安の3175.66。

【インド株式市況】

インド株式相場は続落。指標のセンセックス30種株価指数が4 週間ぶり大幅安となった。流動性不足で融資事業の収益性が低下する との懸念から、銀行株が売られた。

住宅金融でインド最大手のハウジング・デベロップメント・ファ イナンス(HDFC)は3.2%安と、過去11カ月で最大の下げ。B NPパリバが「逼迫(ひっぱく)した流動性環境」を理由に、同銘柄 の投資判断を「バイ」から「ホールド」に引き下げたことが嫌気され た。国内2位の銀行、ICICI銀行は3.1%下げた。銅相場の下落 を背景に産銅最大手のスターライト・インダストリーズも安い。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前日比197.62ポイ ント(1%)安の20301.10と、先月9日以降で最大の値下がり。

HDFC(HDFC IN)の終値は708.10ルピー、ICICI銀 (ICICIBC IN)は1069.35ルピー。スターライト(STLT IN)は 3営業日ぶりに下げ、1.5%安の191.05ルピーで終了した。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比27.6ポイント(0.6%)安の4714.9。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比2.59ポイント(0.1%)安の

2082.55。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比150.88ポイント(1.7%)安の8846.31。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比3.96ポイント(0.1%)高の3254.25。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前日比14.28ポイ ント(0.9%)高の1566.17。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比8.37ポイント(0.8%)高の1050.78。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比23.65ポイント(0.6%)高の

3783.71。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比5.75ポイント(0.1%)安の

4212.98。

Editor: Akiyo Kinoshita

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE