JVCKWH:公募増資や自社株処分、約106億円調達へ

JVC・ケンウッド・ホールディン グス(VCKWH)は5日夕、欧州を中心とした海外市場で公募増資や 自社株処分を実施すると発表した。調達額は概算で最大約106億円とな る見込み。同社が関東財務局に臨時報告書を提出した。

調達する資金は、主力のカーエレクトロニクス事業の設備投資や研 究開発、医療ヘルスケアや教育など新規事業の立ち上げ、さらには戦略 的事業提携などに充てる。

提出資料によると、募集株式数は4200万株。このうち新株発行数 は現在の発行済み株式総数の約27.5%に相当する最大3000万株とする。 さらに、同約11%に当たる自社保有株式1200万株を海外で処分する予 定。発行される新株はすべて野村インターナショナル(Nomura International Plc)が引き受ける。

同社が提出した報告書によると、発行済み普通株式総数は約1億 900万株。パナソニックは、このうち約24.4%に当たる約2664万5000 株を保有している筆頭株主だが、公募増資後の持ち株比率は約19%に低 下する計算となる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE