菅首相:TPPなど貿易自由化に突き進まねば日本再生ない(Update1

菅直人首相は5日午後、農業改革な どの課題を乗り越えて「環太平洋連携協定」(TPP)交渉への参加な ど貿易自由化に突き進むことなくして日本の再生はないとの認識を示 した。日本経団連など経済3団体が都内のホテルで開いた新年祝賀パ ーティーで発言した。

首相は4日の年頭会見でも今年を「平成の開国元年」にする考え を表明しており、財界首脳の前であらためて貿易自由化を推進してい くことへの意欲を表明した形だ。

首相はあいさつで、パーティーを共催した日本経団連の米倉弘昌 会長(住友化学会長)らに対し、「まさに今、日本が明治と戦後に続く 開国が必要であることを最も実感されているのが皆さんだ」と指摘。 その上で、「TPPをはじめとする貿易の自由化について、いろいろな 農業の改革など課題があるが、こうした課題を乗り越えて突き進むこ とがなくしては日本の再生はない、そういう思いで私も頑張り抜きた い」との決意を示した。

また、首相は税・社会保障制度の抜本改革について「だれが政権 を担おうとも、この問題を避けて通るわけにはいかない、是非とも年 初、時間を待たずして与野党の間での議論が始められるよう協力して ほしい」と呼び掛けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE