米フェデックス:中印間の貨物直行便の運航開始-飛躍的成長見込む

米小荷物輸送2位のフェデックス は、中国南部とインドの都市を結ぶ航空貨物の定期直行便の運航を 4日に開始した。拡大する速達便の需要に対応する。

フェデックス・エクスプレスのアジア太平洋地域社長、デービ ッド・カニングハム・ジュニア氏は5日、香港でブルームバーグテ レビジョンとのインタビューで、同社は中印間の「貿易が飛躍的に 成長する」と予想していると語った。

同社は中国の広州とインドのムンバイ、ニューデリー間でエア バス「A310」貨物機を週5便運航。電子機器や医薬品、書類、衣料 品などの商品を輸送する。中国はインドとの経済関係を強化し、テ クノロジーやエネルギー産業などへの投資を拡大すると同時に、対 印貿易を2015年までに1000億ドル(約8兆2000億円)に引き上げ る目標を設定している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE