ECBメルシュ氏:景気刺激策を解除する「時期は近い」-WSJ紙

欧州中央銀行(ECB)政策委員会 メンバーのメルシュ・ルクセンブルク中銀総裁は、政策当局者らが「緩 やかだが着実なペース」での景気刺激策の解除に近く着手する必要が あるだろうとの見解を示した。米紙ウォールストリート・ジャーナル (WSJ、オンライン版)への寄稿文で指摘した。

メルシュ総裁は、「どちらかといえば早い時期にわれわれは安定性 への道筋に戻らねばならない」とした上で、2011年は「マクロ経済安 定の4年目というよりも、むしろ新たな安定」の時期の最初の年にす る必要があると述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Ben Livesey at +1-415-617-7178 or blivesey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE