アジア株:8日ぶり反落-洪水被害への懸念で豪株が売られる

5日のアジア株式相場は下落。指標 のMSCIアジア太平洋指数は8営業日ぶりに反落した。オーストラ リアのクイーンズランド州の洪水被害の深刻化で豪企業の社債保証コ ストが上昇し、株価も下落した。

オーストラリア最大の貨物鉄道会社、QRナショナルは2.1%安。 ロイヤル・バンク・オブ・スコットランドによると、オーストラリア の投資適格級発行体に連動するマークイットiTraxx豪州指数の スプレッドは、1.5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇 し、101bp。一方、韓国最大の自動車メーカー、ヒュンダイモーター カンパニー(現代自動車)は3.9%高。同社の12月の米販売台数は33% 増の4万4802台となった。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前11時15分現在、前日 比0.4%安の138.21。指数構成銘柄のうち値上がりと値下がりの割合 は約1対2。同指数は前日までの7営業日で2.6%上昇していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE