【香港・注目株】チョンコンなどの不動産株、東方航空、上海復地

香港株式市場の主な注目銘柄は以下 の通り。株価と株価指数は4日の終値。ハンセン指数は1%高の

23668.48。ハンセン中国企業株(H株)指数は1%高の13016.37。

香港の不動産開発株:香港の昨年12月の住宅販売は7カ月ぶり低 水準に落ち込んだ。香港の不動産担当当局の発表によれば、12月の住 宅販売は総額399億香港ドル(約4220億円)と、前月比32%減少し た。

ハンセン不動産株指数の構成銘柄のうち2010年に上昇率が最も 高かったチョンコン・ホールディングス(長江実業集団、1 HK)の株 価は1.3%高の127.30香港ドル。2位の恒隆地産(ハンルン・プロパ ティーズ、101 HK)は変わらずの37香港ドル。

中国東方航空(670 HK):中国2位の航空会社、中国東方航空は 10年の純利益が前年(5億4000万元=約67億円)の10倍程度に拡 大するだろうとの見通しを明らかにした。業績の詳細は後日発表する としている。株価は3%高の4.15香港ドル。

上海復地(2337 HK):中国本土で住宅用不動産を開発する上海復 地は、昨年12月の契約販売額が10億7000万元と、前年同期の9億 6900万元から増加したと発表した。株価は4.3%高の2.69香港ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE