韓国ウォンとトルコ・リラ:対ドルで最も上昇へ-三菱東京UFJ銀

今年の外国為替市場では、新興国 通貨の中で韓国ウォンとトルコ・リラが対ドルで最も上昇する可能性 がある。三菱東京UFJ銀行の為替ストラテジスト、リー・ハードマ ン氏(ロンドン在勤)が4日付のリポートで予想した。

ハードマン氏によれば、ウォンは今年、経済成長を追い風にドル に対して7.2%上昇し、1ドル=1050ウォンを付ける公算がある。 ただ、北朝鮮との間で衝突が起きればこの予想も影響を受ける可能性 があるとしている。

リラもトルコの経済成長が上昇要因となるほか、格付けが引き上 げられる可能性があるとして、年末までに5%上げて1ドル=1.47 リラに達すると同氏は予想。また、人民元は中国当局がインフレ抑制 を目指す中で4%の上昇が見込まれるという。

一方、ブラジル・レアルは当局のレアル需要抑制の取り組みを背 景に対ドルで4.5%下げる公算があると予想。南アフリカ共和国の ランドは、インフレ低下に伴い「追加金融緩和の余地」がある中で

8.4%下落する可能性があるとした。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor: Aiya Shirotsuka 記事に関する記者への問い合わせ先: Jason Webb in London at +44-20-7073-3466 or jwebb25@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Gavin Serkin at +44-20-7673-2467 or gserkin@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE