ルネサスエ株が急伸、携帯カメラ向け高機能LSI開発-連写機能搭載

ルネサスエレクトロニクスの株価が 一時前日比8.5%高の898円と急伸。携帯電話のカメラ向けに高機能L SI(大規模集積回路)を開発し、3月から生産を開始することが明ら かになった。高機能製品の拡充によるカメラ向けLSIのシェア拡大が 期待された。

同社は解像度が1600万画素で、連写機能も備えたLSIを開発し た。月産は100万個を予定。公表ベースでは画素は世界最高で、高機能 携帯電話やスマートフォン(多機能携帯端末)向けなどを見込む。同 社・広報課の猪熊紫野氏は「最近は画素数より機能に重きを置いて選ぶ ケースが多い。今回の新製品は連写機能に重きがあり、シャッタータイ ミングを逃さないことでデジタルカメラに機能が近くなる」と述べた。

携帯向けLSIでの同社シェアは2009年度に15%だったが、現在 は12年度に30%まで引き上げることを目指している。今回の新製品は 「ラインアップの強化につながる」と、猪熊氏は強調していた。

同新製品の開発については、5日付の日本経済新聞朝刊が先に報じ ていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE