経団連の米倉会長:円高への動きがまた強まるのではないか-年頭会見

日本経団連の米倉弘昌会長は5日午 後の記者会見で、為替相場の動向について「円高への動きがまた強まる のではないか」と述べ、資金の逃避先として日本円への資金流入が続い ていると指摘した。円高収束には「欧州の金融制度への懸念が和らぎ米 国が力強さを回復する」ことを条件に挙げた。

また株価動向については「海外資金の流入が大きい」と述べ、世界 経済の回復に伴い日本経済も回復してくれば「株価も上がる」という見 解を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE